企業の基幹システムの今後の流れについて

企業が業務上の作業を円滑に進めるためには、基幹システムが必要不可欠です。銀行などでは勘定システム、一般企業では生産管理や在庫管理などに活用されています。

しかし、この基幹システムは一度構築してしまえばずっと使い続けられるものではありません。一般的に基幹システムのサイクルは13年程度とされており、時代の変化や会社の業務の内容に応じて切り替えが必要になることがあります。

業種ごとのサイクルを見ていくと面白いデータも出ています。例えば情報のサイクルが早いIT企業などはシステムの寿命が10年以下と言われていますし、サービス業なども寿命が短い業種として知られています。一方で素材生業や重要インフラといった設備投資型の業種に関しては16年と平均寿命よりも長くなっているのです。

特に鉄鋼業界などは基幹システムの寿命が長く、昭和生まれのシステムを今でも稼働させている企業が沢山あります。大企業になればなるほど刷新に伴うリスクも多いですし、鉄鋼業界は信頼性の高さと安定した稼働が求められるので、なかなかシステムの刷新に踏み切れないといったところでしょうか?

現在企業で使われている基幹システムは、圧倒的にWindowsXPが使用されているので、サポートが終了する時期に合わせて、システムの更新の動きが一気に加速していくかもしれません。

安心・確かな相続税申告は「土屋会計事務所」で

相続を知るのは“ある日突然”の場合もあります。葬儀をとりまとめたり、遺品の整理をしているうちに、「こんな株券持っていたのか」「ここの土地も所有していたのね」と驚くことは多いにありうることです。相続税の申告をして納税するまで、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内。期間内に信頼できる税理士を見つけておく必要がありますね。
http://www.th-sozoku.jp

東京周辺にお住まいの方におすすめなのが、「土屋会計事務所」→相続税申告のツチヤ(税理士)/東京都新宿区の土屋会計事務所
「安心」「明朗会計」と「スピーディー」が特長のツチヤは、ホームページに顔を載せている相続税に強い専門の税理士が、マンツーマンで対応、「誰が担当するかわからない」心配はありません。
また、相談や打ち合わせは5回まで無料、基本料金400,000円の中に、相続人3人、土地評価2ヶ所まで含まれる明朗会計、見積り提示後は希望がない限り追加料金は加算しません。
事情で申告まで時間がない方、相続税がいくらかかるのか一刻も早く知りたいという方は、相談すれば、できるだけフレキシブルに対応してもらえます。過去最短3週間で相続税申告をした実績もあります。

基本的に新宿の事務所に出向くことが必要ですが、こちらの事務所の方から来てもらうこともできるそうです。資料準備のお手伝いや、遺産分割でもめそうなら弁護士も紹介してもらえます(有料)。平日休みが取れない方は、土日を相談日に設定することも可能なので、大切なあなたの財産、是非「相続税申告のツチヤ」に相談してみてはいかがでしょうか。